ダイエット用のお茶ではありませんが気が付けば美と健康を手に入られるものもあります

MENU

プーアール茶に期待できる働き

プーアール茶は、中国茶としてよく知られるお茶の一つですね。中国茶というように、中国で親しまれる一般的なお茶ですが、日本においてもなじみのあるお茶の種類となっています。

詳しい分類では、黒茶と呼ばれるカテゴリに分類されますので、詳しい特徴も見てみましょう。特徴は作り方の過程にもあり、茶葉を黒麹菌などの微生物の力で発酵させている、という方法も期待できる働きに関係するポイントとなっています。



食事との相性もよく、こってりした脂が多めの食事にも勧められることがありますので、ダイエットに向けて普段の食生活に取り入れる時には参考にしてみましょう。



プーアール茶のダイエットに役立つ働きには、脂肪を分解する働きなどがありますが、これには、リパーゼと呼ばれる脂肪分解酵素の働きが役立っています。黒麹菌などが加わることで、リパーゼが含まれるようになりますので、これらの背景も参考にしてみましょう。

合わせて、脂肪を排出する働きや、脂肪の吸収をおさえる働きも挙げられますが、これには、カテキンの活躍も影響しています。プーアール茶には、カテキンの分子が結合した重合カテキン、と呼ばれる成分が含まれていることが言われていますが、重合カテキンの働きによって、脂肪を蓄積しにくくする効果も期待できるでしょう。

また、ダイエットでは、脂肪だけでなく、水分の排出も解決方法の一つになることがあります。プーアール茶は、むくみの予防や解消にも役立つことがありますので、含まれているビタミンやミネラルなどの栄養素と合わせて、幅広い効果をチェックしてみましょう。


杜仲茶に期待できる働き

杜仲と書いて、とちゅう、と読みますが、杜仲茶もまた、近年よく知られるお茶の一つとなるでしょう。血圧の値や肥満など、生活習慣病は日々注意が促され、人々の間でも予防や改善が意識されていますが、このような環境で杜仲茶の活躍も見られることがあります。

杜仲茶の元となる杜仲の木は、中国やベトナムなどに生息していますので、原産国も合わせて知っておくと参考になるでしょう。杜仲は、樹皮も漢方に使われるなど、お茶としてだけでなく、さまざまに活用されている木です。

杜仲茶は製品として、いろいろな商品が販売されていますので、身近に手に入れることができるでしょう。同じお茶でも、それぞれの杜仲茶にアピールポイントが挙げられていますので、選ぶ時には比較してみるのも役立ちます。


基本的な知識があるとよりわかりやすくなりますので、ダイエットへの活躍も含めて、含まれている成分の特徴にも目を向けてみましょう。

まず、よく注目される成分に、ゲニポシド酸と呼ばれるものがありますが、この成分の働きによって、脂肪の燃焼が期待でき、メタボリックシンドロームへの予防などにおいても取り挙げられることがあります。また、高血圧予防にも、杜仲茶の活躍が期待されていますので、合わせて参考にしてみましょう。

ダイエットでは、栄養をしっかりと取りながら行うことも大切ですが、鉄分、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルや、ビタミン類が含まれていることもピックアップされています。

ピロレジノール・ジグルコサイド、と呼ばれるちょっと変わった有効成分はむくみ解消にも役立つとされていますので、脂肪対策のダイエットと合わせて、むくみが気になる時にも活躍が期待できるポイントです。


ウーロン茶に期待できる働き

ウーロン茶もまた、身近に飲まれている中国茶の一つですね。プーアール茶もまた、中国茶となりますが、ウーロン茶は、プーアール茶とはまた違った特徴もありますので、詳しく見ながら、それぞれのポイントを比較してみるのも良いでしょう。

ウーロン茶の場合には、中国茶における、青茶、と呼ばれる分類にあたりますので、これらの違いも興味深いポイントです。この分類では、お茶を作る過程の特徴も影響してきます。

プーアール茶は、発酵させて作ることが特徴となっていて、ウーロン茶の場合も同じく、発酵、というステップがありますが、ウーロン茶の場合には、発酵を途中でストップしてしまう、半発酵、という作り方になっていますので、違いとして参考にしてみましょう。

ダイエットへの効果では、脂肪の吸収を抑える、という、お茶の働きでよく見られるメリットが挙げられますが、これには、ウーロン茶特有のポリフェノールの活躍も見られ、ウーロン茶ポリフェノールとして親しまれるキーワードがあります。

体内のリパーゼの働きを阻害して、脂肪が吸収されないようにしながら、余分な脂肪として、体の外に排出させるアプローチが期待されていますので、メカニズムの説明も合わせて参考にしてみましょう。

ダイエットでは、食事の際に飲むことが勧められていますが、空腹時に飲むと胃に負担になるおそれからのアドバイスでもありますので、食事のタイミングでは、上手く活用するように工夫してみると良いですね。

また、ダイエットだけでなく、虫歯予防も期待されているお茶となっていますので、甘いものが好きな人にもおすすめのお茶の一つです。